心理室のご紹介

心理室のご紹介

当センターでは、精神科の外来・病棟、精神科デイケア、および医療観察法病棟に心理療法士が勤務しています。
心の不調は、内面的な悩みだけでなく、身体症状や精神症状、行動の変化など様々な形であらわれることがあり、生活に支障が生じます。心理療法士は、医師をはじめとする多職種と連携しながら、それらに対する心理アセスメントおよび心理療法などを行います。

心理療法・心理アセスメントをご希望の方は、主治医にご相談ください。

業務内容のご紹介

心理アセスメント

心理検査やインテーク面接により、悩みや症状の背景にある性格傾向や知能などの精神機能、対人関係・家庭環境や社会生活、ストレスとの関連などについて理解・評価します。
心理アセスメントの結果は、医師の治療や心理療法士が行うカウンセリングなどに活かしていきます。

集団療法

精神科デイケアや医療観察法病棟において、心理教育を通して病気についての理解を深め、患者さん自身が適切な対処を取れるように支援しています。

心理療法(カウンセリング)

患者さんが今まで心に溜めていたことを話して気持ちが楽になったり、話しながら自分について考えることを重ねて気づきを得たり、新しい考えを生み出せることがあります。
心理療法の方法は色々ありますので、目的や状態に合わせて、適切な支援方法を話し合いながら進めていきます。

その他

研究や学生実習、看護学校での講義、地域での講演なども行います。