治験管理室のご紹介

スタッフ

治験管理室長兼治験事務局長

薬剤科長

治験事務局員

事務部 企画課 業務班長
治験コーディネーター(調剤主任)
事務職員

当院の治験管理室は少人数でありますが、治験実施施設の窓口として患者さんが安心して治験に参加できるようにサポートします。
また、治験依頼者様には迅速な対応を心がけています。

治験とは

新しい薬が世の中に出て治療に使われるようになるには、厚生労働省による審査を受けて、承認を得なければなりません。そのため薬を開発する最終段階では、その薬が病気に対して効果があるのか、患者さんにとって安全なものであるかを科学的に調べる臨床試験を行う必要があります。この臨床試験のことを「治験」といいます。

第Ⅰ相試験
健康な男性が対象となります。安全性を調べます。
第Ⅱ相試験
少人数の患者さんが対象となります。安全性と効き目を確認します。
第Ⅲ相試験
多数の患者さんが対象となります。
既存の薬と効果を比較して、最終的な安全性・効き目・使い方を確認します。
厚生労働省へ申請

受託研究審査委員会