脳神経内科卒後臨床研修プログラム

脳神経内科卒後臨床研修プログラム

1.到達目標

臨床神経学の基礎的診察法、疾病に対する理解、治療方針の決定、治療方法の計画、リハビリテーションの処方、神経病理学的評価を有機的且つ円滑に行うことができる。
神経難病の診断書・身体障がい診断書・介護保険診断書などの各種書類を適切・迅速に記載できる。

2.具体的目標

  1. 神経学的診察法を理解し、実施できる。
  2. 神経学的所見の記載ができる。
  3. 神経学的所見の整理ができる。
  4. 神経学的検査(生理学的検査:筋電図など)を実施できる。
  5. 診断・鑑別診断を所見に沿って列挙できる。
  6. 神経学的検査方法の習得(画像の読影を含む)する。
  7. 治療法の選択と治療薬の投与を行なうことができる。
  8. リハビリテーションを指示・処方できる。
  9. 神経難病の診断書・身体障がい診断書・介護保険診断書などの各種書類の記載ができる。

3.研修日程

月間予定

医局会(月2回、奇数週の月曜日)
院長回診(月2回、管理回診、内科回診)

週間予定
午前
一般外来 難病デイケア 頭痛外来 睡眠時無呼吸外来 慢性疲労外来
一般外来 頭痛外来 睡眠時無呼吸外来 慢性疲労外来
一般外来 難病デイケア 頭痛外来 睡眠時無呼吸外来 慢性疲労外来
一般外来 難病デイケア 頭痛外来
一般外来 頭痛外来
午後
リハビリテーション
カンファレンス
午前
午後
一般外来
難病デイケア

頭痛外来
睡眠時無呼吸外来
慢性疲労外来
一般外来

頭痛外来
睡眠時無呼吸外来
慢性疲労外来
一般外来
難病デイケア

頭痛外来
睡眠時無呼吸外来
慢性疲労外来
リハビリテーション
カンファレンス
一般外来

難病デイケア
頭痛外来
一般外来

頭痛外来

4.特殊技能の習得

胃瘻造設術、気管切開術(簡易法)など

5.給与

国立病院機構非常勤医師給与規定による

6.研究

  • 臨床研究部があり、臨床研究部の各研究室に所属することで研究を行うことができる。
  • 研究設備はPCR装置、DNAシーケンサーなど遺伝子検査機器も充実している。
  • 国立病院機構における研究事業のみならず、厚生労働省研究班の研究にも積極的に取り組んでいる。

7.その他の研修制度・専門医・医学博士・留学制度

  • さいがた医療センターは日本神経学会認定準教育施設である。
  • 医学博士の取得、専門医の取得も可能。
  • 留学制度あり、留学中も給与の一部が支給されるさいがたパスを利用可能。
  • 留学先の斡旋も行っている。
  • 帰国後は、当センターで診療と研究を両立させ、臨床への還元が可能である。